HOME>注目記事>身体への負担を最小限にしつつ、安定した噛み心地を手に入れる

医師を選ぶこと

インプラント

オールオン4は最少4本のインプラントで片顎全ての歯を支えることができる治療法です。最少4本という少なさで支えることができるのは、顎の骨に埋め込む際に角度などを調整することで、均等に力を分散させることが可能だからです。従来のインプラント治療と比較しても、特殊な治療であることから、オールオン4の治療においては医療機関の選び方がポイントになります。知識や経験の豊富な医師に治療をしてもらうことが大事です。そのためにはオールオン4の治療経験がある医師を選ぶことも可能ですが、かかりつけの歯科医師にその旨を伝えて紹介してもらうこともひとつの方法であると言えます。

相談から始まる

オールオン4の治療の流れとしては、まずは治療を希望していることを歯科医師に伝えます。そして費用面などについて説明を受けます。説明を受けて治療を受けることが決まれば口腔内のチェックを行います。虫歯や歯周病の有無を確認します。そこからインプラントを埋め込むために必要な精密検査が行われます。顎の骨の量や厚さのデータを取得して、インプラントを埋め込む角度を検討します。そして、それらの結果から埋め込むインプラントの本数などが決定し、患者に伝えられます。

短い治療期間

オールオン4の特徴はその治療期間の短さです。ほとんどの場合、一日でインプラントの埋め込みから仮歯の取り付けまでを終えることができます。インプラントを埋め込む際には麻酔を使用するので痛みを感じることはないので安心できます。ただ、この時点で取り付けるものはあくまでも仮歯なので、実際に取り付ける人工歯を取り付けるまでは時間がかかります。しかしながら、仮歯であっても安定した噛み心地があることが特徴であると言えます。