HOME>ホットトピックス>繋がった人工歯を取り付けて広い部分をカバーする

インプラントの種類のひとつ

歯科治療

虫歯や加齢などで歯がなくなってしまった人に行うインプラントは、あごの骨に器具を埋め込み、その上に人工歯を取り付けるという治療です。オールオン4はそのインプラントの1種で、あごに対して全ての歯がない人が対象です。

人工歯に対して器具が少ない

女性

インプラントは基本的に1本の人工歯に対して器具をひとつ埋め込む形ですが、オールオン4は12本の人口歯が繋がっていて、名前の通り最低で4点の接続で固定できます。あごの骨に埋め込む器具が少なく済むため、負担が軽減できるのが強みです。

コストを抑えられる

取り付ける器具が少なく済むということで、予算面での負担の軽減にも繋がる点も大きいです。仮に人工歯の12本全てを個別に取り付けるとすると、オールオン4では費用を半分程度に抑えることも不可能ではありません。

幅広く対応できる

インプラントは誰にでも対応できるのではなく、あごの骨に器具を埋め込むための一定の厚さがあることが条件です。そのため1本ずつでは対応できない場合がありますが、オールオン4では器具の少なさを活かして、厚い部分を選ぶことができます。したがって治療を受けられる人の幅が広く、骨を移植するといった負担が大きくなりやすい他の処置が必要ないので選ばれるというわけです。